ミニたん公式ブログ

好きでメンヘラやってるわけじゃないけどそんな自分も嫌いじゃないよ

もうメンヘラじゃないもん!メンヘラなんて言わせない、メンヘラ改善法【第3弾】

メンヘラを落ち着かせる方法とは。パート3


こんばんは!

ミニたんです^^

今日は一個前のブログでもちょろっと話したひがみとメンヘラ思考のつながりについて、また、脱メンヘラ思考のためにミニたんが行っていることについて書いていこうと思います!



mi2mii.hatenablog.com



※これは、私自身がメンヘラを改善させるためにはどうすればいいだろうと考え、いろいろなことを試していくうえで、改善の材料になったと思える考え方や方法をまとめてみたものです。専門的な知識があるわけではありませんので、参考程度に考えていただければ幸いです。


パート1、2もぜひ併せて見てみてください!


mi2mii.hatenablog.com


mi2mii.hatenablog.com


常に自分の敵は自分。

わざと自分のライバルを増やさないこと。


簡単に言うと、自分を人と比べないということです。

私たちのようないわゆるメンヘラ傾向にある人、違う言い方をしてみると

  • 自己肯定感が低い人
  • 悪い想像ばかりしてしまう人

というようにも言えます。

そんな人たちはきっと、一度は必ず

「彼はあの子のこと、好きなのかも」

「彼があの子に取られてしまうかも」

というような心配や不安から、感情が爆発してしまった経験があるのではないでしょうか?


原因は自分の中で“あの子に負けている部分”が存在すること


こちらは分かりやすく言うと、あの子に対する劣等感です。

「あの子は私にはない無邪気さを持ってる」

「あの子は私にはないノリの良さを持ってる」

というように、彼の周りにいる女の子と無意識のうちに自分を比べ、自分にはない相手の長所ばかりを探してしまいます。

そうしているうちに、あの子に対する劣等感はひがみに変わります。

ひがみ始めたらもう終わりで、あの子への悪口や文句が止まらなくなり、ふと気づくと自分が一番惨めになります。そして、病むという負のループにハマってしまいます。

結果として自分で自分の首を絞めているのです。


まず戦わなければ、勝ち負けもない。

そんなときの対処法は単純で

あの子と自分は別々の土俵で戦っていると考えることです。

人と自分を比べることがなければ、相手に負けている部分というものも、存在しないのです。

相手にあって自分にはないところももちろん存在しますが、その反対も然り、相手にはない自分の長所の存在を見落とさないことが重要なのです。

相手の良いところばかりが目に入り、相手をひがみ、蔑んでばかりいたら自分の長所が霞んでしまいます。

あの人の良いところも吸収してやろう!というくらいの心持ちでいれば、なんだか前向きになれる気がしませんか?

この考え方をとっても分かりやすく描いているのが一つ前のブログで紹介したコミックエッセイ・『メンタル強め美女白川さん』(獅子・著)です



読んでいてとっても前向きになれるコミックエッセイになっているので、気になる方は是非チェックしてみてください^^

人をひがまない前向きな考え方ができるようになれば、思考も徐々に前向きになっていくはずです。

もちろん、その日の予定や天気によっても気分が良かったり悪かったり、いつでも前向き思考ができるわけではありません。

特に私たちメンヘラちゃんはその浮き沈みが激しかったりしますよね、、( ;  ; )

そんなときには無理して綺麗な心の前向き思考になろうとしなくて良いんだと思います。

少しずつ、一歩ずつ、前向きになっていけたらいいなとブログ書きながら思ったミニたんなのでした。


おわり


ミニたん

『メンタル強め美女白川さん』はメンヘラの救世主であった。という話【本紹介・レビュー】

ハロハロ、こんにちは!

ミニたんです~^^

 

今日は久々になんか暑い日になりましたね・・・汗

でも朝晩の冷え込みが気になったり、先日には退勤後に外に出たら冬の匂いがした気がして、ああ、もう夏は終わりなんだなぁ、、と秋の訪れを実感しました。

 

秋と言えば○○の秋なんてよく言われてますけど、食欲が年中無休な私にとったらやはり読書の秋!!

秋になるとなんだか本を読みたくなる・・・ということで先日、気になった本を大量購入してきたので、紹介していこうと思います^^☆

 

『メンタル強め美女白川さん』(獅子・著)

 

書籍情報

  著者  : 獅子

  発行者 : 堀内大示

  発行  : 株式会社KADOKAWA

  印刷所 : 図書印刷株式会社

 

私の辞書に「ひがみ」の文字はない。女子の自己肯定感が世界を救う!

女子の自己肯定感が世界を救う! メンタル強め美女・白川さんが、ひがみ、嫌がらせやマウントなど、女性を苦しめるプチストレスをはねのける。現代の闇と戦うすべての女子に捧ぐ、最強美女の痛快コミック登場!

仕事仲間や女友達のマウントや嫉妬や嫌がらせ、SNSでの心無い中傷など、現代社会には女性を苦しめるプチストレスが溢れかえっています。
「あざとくても可愛くいたい!」がモットーのOL・白川さんは、そんな社会のストレスを自己肯定感たっぷりの返しで華麗にかわしていく“メンタル強め美女”。
「ぶりっ子」「ヒイキされてる」と、彼女の周りはひがみや陰口ばかりだけど、どんなネガティブも笑顔で跳ね返す白川さんの激強メンタルが、凝り固まった女子たちの暗い心を変えていく…!?
ポジティブに頑張ろうと思える、メンタル強め女子の説明書

 

#メンタルを強くするには #ポジティブになるには

 

スマートフォンに、こんな感じの検索履歴が多い方、そんな方々にぜひ読んでほしいと思います。

もちろん、自分は別にメンタル弱くないんだけど・・・という方にも是非読んでほしいおすすめの本です^^

 

つい目を奪われてしまう様なパステルブルーに、可愛い女の子の描かれた表紙が目印です。部屋に置いておくだけでもすごく可愛い♡

商品形態はコミックエッセイになっていて、文章を読むのが苦手だなという方、さらには、A5という少し大きめなサイズなので、漫画の細かいコマ割りが苦手という方にもストレスなく読んでいただけると思います^^

 

自分に自信が持てず、周りからの評価を気にすることに精神を削られるストレスフルな日々。

そんな中でもどうしてあの子はキラキラと輝いているんだろうか、どうしていつも笑顔でいられるのだろうか。そんな女性を見つけた経験は少なからず誰にでもあると思います。

私自身、人よりも幸せそうな笑顔で、誰にでも分け隔てなく振る舞う人の姿を目にしたとき、「苦労のなさそうな人だな」「あの人は悩みなんてないんだろうな」といったような言葉を思い浮かべてしまいます。

同時に、どうして自分はあんな風になれないんだろうと、落ち込んでしまいます。

しかし、誰にでも長所と短所が存在し、人から見たら長所であると思われているあの点も、本人からしたら、もしかしたら短所であるのかもしれません。

素敵なあの人も、人には見えないところで落ち込んだり、自分の短所を埋めるために人知れずに多大なる努力をしているかもしれません。

 

本書の中で

「私もキレイ、あの子もキレイ」でいいじゃん。

というセリフが出てきます。私が最も気に入った言葉です。

キレイな人をひがみ蔑むのではなく、みんなハッピーでいいじゃん!という感じのセリフです。

この考えは、前向きポジション思考であるためにとっても大切な考え方であると感じました。人を蔑むことは、結局自分の愚かさを痛感させられることにつながってきます。

ひがみというと、メンヘラ思考の要因の一つとして挙げられると私は思っていて、このメンヘラとひがみの関係については、改善策と一緒に後程ブログにまとめていきたいと思います。

 

どんな人にも、悩みやコンプレックスなど抱えるものがあり、大きさや重さの基準も人それぞれ違います。悩みを人に打ち明け、相談できる人もいれば、悩んでいるそぶりも見せずに一人で抱え込んでいる人もいるかもしれません。

だからこそ、人と自分を比べ、他の人に勝とうとするのではなく、弱い自分を変えていく努力が人を内面からキレイにしていくんだなぁと考えさせられました。

 

ぜひ本書を手に取って、可愛いイラストと、前向きポジティブOLの白川さんにクスッと笑ってしまうような、勇気づけられるような、素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか^^

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

おわり

 

ミニたん

 

 

もう、メンヘラじゃないもん!メンヘラを治すためにやっていること第2回目

メンヘラを落ち着かせる方法とは。パート2

こんばんは!ミニたんです^^

前回の第1回目に続き、今回も私がメンヘラを改善させるために行っていることの1つを紹介していこうと思います。

それでは、ゴゴ^^

 

※これは、私自身がメンヘラを改善させるためにはどうすればいいだろうと考え、いろいろなことを試していくうえで、改善の材料になったと思える考え方や方法をまとめてみたものです。専門的な知識があるわけではありませんので、参考程度に考えていただければ幸いです。

 

「良い意味で期待しすぎない」ことが重要。

 

「私はこんなに尽くしているのに」

「私はこんなに苦労しているのに」

「私はこんなに好きなのに」

 

これらは、私が彼氏に対して不満を持つ際、よく考える言葉でした。

 

私たちはなぜ相手に大きな期待してしまうのだろうか

 

自分が自分の意志で相手にいろいろなことをやってあげたくなるため、やってあげたいことをそのままやってあげる。

そうすると彼は喜んでくれるし、もっとやってあげようと思う。

やってあげれば、彼からたくさん感謝されて、自分の心が満たされていく ・・・

 

こんな感じのメカニズムで、自分が彼にやってあげることがどんどん増えていくことに、心当たりのある方、きっといますよね。

そしてその少し後には、

「なんで私はこんなにやってあげてるのに、あなたは感謝してくれないの?」

という感情が芽生えてくるっていうような感じに、経験はないでしょうか?

 

これは

私もやってるから、あなたにも同じようにやってほしい

という無意識的な期待が原因となり、引き起こされるものです。

 

この期待は、元々はなかったものであり、初めは彼が喜んでくれるからやってあげたいし、見返りはいらないと本心で思えています。

しかし、やってもらえることが当たり前になってしまった彼は、分かりやすい感謝をしなくなります。

これは、人間の性質上しょうがないことというか、当たり前なことであるとミニたんは考えていて、人にもよりますが、感謝はしていても言葉に出さない人、特に男性には多いんですよね、、汗

ちゃんと感謝をしているつもりでも、ついお礼を言い忘れたり、リアクションが薄くなり、指摘されてしまう経験って、私たち女の子にも必ずしもあると思うんです。

だから彼も感謝してないわけではないんですよね、本当に。

しかし、こんな感じで、感謝されなくなったと感じてしまうと、自分が相手にやることに対して、どうしても感謝などの見返りを期待してしまうようになってしまうのです。

そしてその見返りにしても、自分がやってあげたことに対して、同程度の見返りを求めてしまうようになります。

 

見返りを求めないためには、自分の理想的な展開を期待しないこと

見返りを求めないために重要になってくるのが、期待しないことですが、相手に期待をしてはいけないわけではありません。

ダメなのは自分の望む、理想的な展開を期待すること。

私たちには、幼いころから慣れ親しんだ少女漫画的展開という魅惑の呪いがかかっています。笑

どうしても、無意識に、少女漫画のような理想的な展開を期待してしまうんです。ほんとに。

理想的な展開というのは、今回の話で言うと、自分が何かをしてあげたときのリアクションなんかが当てはまります。

「すごく喜んでくれるだろうな」「彼はどんな顔をするだろう」

こんな風に彼のことを考えながら、準備をしたり、約束の場所に向かったりする時間が本当に楽しく、幸せな反面、どんどん彼へのハードルを高めている時間でもあります。

こんなにワクワクしたにも関わらず、彼のリアクションが自分が期待したものとは異なった場合、なんだか悲しい気分になったりしますよね、、(;;)

 

では、これを引き起こさないために大切なことが、相手がいかにもしそうなリアクションを想像することです。

 

ここで、分かりやすい例にして説明していきます。

「ウサギにニンジンを渡したら、食べずにニンジンを持って踊りだした」

あなたはそんな内容のアニメを見たとします。

そのあとで、本物のウサギにニンジンをあげる機会があったとします。

その時、あなたが「このウサギはニンジンをあげたら踊りだすんだ!」というように期待をしてニンジンをあげたら、ただニンジンを食べ始めるウサギに対してがっかりしますよね。

しかし、「このニンジンをあげたらウサギは、なんのリアクションもせずにただニンジンを食べるんだろうなぁ」と考えていた場合、予想通りになんのリアクションもしないウサギに対してもがっかりすることはありません。がっかりするどころか、可愛いなぁとほっこりしちゃうかもしれませんよね。

 

という感じで、ウサギというのはあくまでも分かりやすい例えなのですが、相手の限界を超えるような理想的な期待をしてしまうのはもったいないということは分かっていただけたでしょうか。

ホウキに空を飛んでほしいという期待を持ち、毎日掃除のたびに空を飛ばないホウキに対してイライラしている人がいたら、そんなことでイライラするのはもったいないと思いません、、?と、いう感じです。

 

彼のリアクションや、感情表現の幅をよくわかっている自分の中で、

「彼ならこんなリアクションをするかなぁ」

「こんなこと言うだろうなぁ」

といったように、彼のしそうな行動を踏まえて考えれば、自分の理想的な展開が暴走してしまうこともなくなり、なんか物足りないような、モヤモヤするような気持ちが減っていくはずです。

そうすることで、相手への見返りも求めないようになっていきます。

 

これが、ミニたん流の「相手に期待しすぎない」という考え方です。

 

あまりまとまっていなかったり、文章がわかりづらかったりしたら申し訳ありません、、、泣

少しでも、悩んでいる人の助けになりますようにと願っています。

 

おわり

 

 

ミニたん

 

 

 

もう、メンヘラじゃないもん!メンヘラを治すためにやっていること第1回目

メンヘラを落ち着かせる方法とは

ハロハロ〜こんばんは^^
ミニたんです

今回は、私が脱メンヘラのために行なっていることの1つを紹介していこうと思います。

  • もともと自分のものじゃない
  • 良い意味で期待しない
  • 発言する前に必ず考える ・・・

というように
これから私が行っている脱メンヘラ、メンヘラを治す、落ち着かせるための考え方を詳しく説明していきます。
※特にメンヘラを発動してしまう相手として当てはまることが多いであろう彼氏(旦那)を相手と想定していきましょう!
もちろん!
担当ピや推しにだって、きっとうまく使っていただけると思うのです!
ぜひ少しでも参考になればいいなぁと思いつつ、、

それでは今回のお題について話していきます。
今回は
もともと自分のものじゃない
これは、当たり前な人からしたら当たり前なことです。
なので、何言ってんの?当たり前じゃん。
とかって思ったそこのキミはしっかりコントロールできてるから!安心して( ˆoˆ )
「頭ではそれが当たり前ってわかってる。でもなかなかそう考えるのが難しい泣」
っていうあなたはぜひ一緒に少しずつ強くなっていこうね^^絶対大丈夫!

まず彼氏でも、法のもとで結ばれた旦那でも、彼はあなたのものではありません。
もちろん、他の誰のものでもありません。
彼の両親のものでもないし、祖父母のものでもない。勤務先の社長のものでもない。
彼は彼自身のものでしかないんです。

付き合ったら彼が自分のものになった気がしてしまい、行動や心さえ自分の思い通りにいかないとなんか不安で、ヒラヒラとどこかに行ってしまいそうで、彼にその気が無くても他の女子に奪われそうで、だから束縛もしてしまうし、大好きなはずの彼にムカついて文句を言ったりしてしまうんです。

でも違います。彼の心が自分のものになったから付き合っている訳じゃない。
他の誰のものでもない、彼自身の本心が、自分を選んだから自分は彼と付き合うことになり、一緒にいます。
彼だけのものである、彼の心に唯一選ばれた存在が自分なんです。

だからまずは
彼に選ばれた唯一の自分という存在に自信を持つことから始めましょう^^

メンヘラになりがちな人にあるあるなのが、自己肯定感の低さというのはもう有名な話ですよね( ; ; )
自分がいちばん尊い‼️自分しか勝たん‼️
くらいの気持ちでいてほしい。ほんとに。


そんなんでメンヘラ辞められたら苦労しねぇよ!って思った方、ごめんなさい。
私も数年前は思ってました。
でも必ずできるようになるし、自己肯定感が上がれば、どんどん彼に大切にされるし、素敵な恋愛ができるようになります、ほんと。
私もまだまだメンヘラ拗らせてるので、偉いことは言えないけど、これができてる時だとすごく自分を好きになれる気がします(*´꒳`*)


少しでも悩めるメンヘラちゃんたちの助けになれますように。

おわり


ミニたん☺︎

コロナワクチン1回目でまさかの大撃沈した話

こんにちは、ミニたんです^^
今日は朝から雨降りで、なぁんか寒くて嫌になっちゃいます。しかもちっさい半袖なんか着ちゃっだんだから風邪ひきそうです、、

ところで一昨日、ついに新型コロナウィルスのワクチン接種1回目に行ってきました。
コロナワクチンって1回目はあまり副作用が出ないと聞いていたのですが見事撃沈しました、、(⌒-⌒; )

1日の午前11時に受付完了し、10分程度待ったらすぐに診察室へ
お医者さんとの問診票に沿った簡単な問診を経て、その流れで隣の部屋に移りチクッと
その時点で11時15分だったため、半まで待合室にいてもらって、異変なかったら受付に紙出して帰って良いよ〜と言われる
そして11時30分になり何事もないため帰宅

15時になった頃から、なんとなくだるくなり始め、微熱が出始め、腕が痛くなり始めるが、まだ容易に肩の位置よりも上げられる
近所におつかい程度の軽いお出かけをするも、なんとなく気怠い感じが続く
生理期間中ということもあり、そのだるさかなぁと思う程度

20時を過ぎた頃に熱が測るたび一度ずつ上がるようになる
この時点では、腕はもう上がらない
早めにシャワー済まそうと服を脱ごうとするも腕が上がらず、服が脱げない

22時ごろになり、熱が38.5度を超える
ここで処方されていた解熱剤を飲んでベッドに寝転び読書をした(新しく入手した本がたまっていたため、どうしても読みたかった笑)

23時を過ぎた頃、左半身を筆頭に全身の関節という関節が痛いことに気づく。というより、痛すぎて気づく。痛過ぎて母親を呼びたいがなんか苦しくて声が出せない。隣の部屋のママにLINEをしようと思ったがスマホまでも手が届かない。とにかく痛くて寒くて息苦しくて動けなかった。
左腕の痛さというと、肘を机にぶつけた時の感じ。ビーーーーーンっていう感じがずっと続く。
か細い声でママ〜ママ〜と騒いでいるとママがきてもう寝てみなと言われ寝ることにするが、ママ〜と言っている自分が、ロバートの秋山さんのキャラ・みちくんみたいだなと思い笑ってしまう。もちろん笑っても全身痛い。
(おまけにミニたんは秋山さん大好き)

そして気が付いたら翌朝6時
熱は微熱程度まで下がっていたが、全身痛とだるさがまるでインフルエンザにかかった時のような感じで動けない。
ワクチンの特別休暇を使い会社に休む連絡をする。そして再び眠る。

11時半になって母親がお昼食べる?と声をかけにくる。うん行く〜と返事をするが動けない。
5分くらい経って動くかぁとリビングへ行くと食卓が片付けられていてえ?と思って時計を見たら13時手前だったことに驚く。
その後は身体も不思議なほど楽になり、読書をして1日が終わった。


こんな感じで、、
完璧なめてました(−_−;)
2回目は熱出るだろうなぁ、でも1回目は出ないだろうなぁと思い込み2連級取らなかったことを後悔しました。結局休んだけど笑


年齢は20代です。典型的な運動不足、メンヘラ故の過度ストレスタイプポケモン
熱が出てこんなに苦しいのは多分最後にインフルエンザにかかった7年前の冬以来、、

副作用は人それぞれだとは思いますが、私は、ワクチン接種の周辺日程のスケジュールは考えておいた方が良いなと伝えたいです。

って感じでワクチンレポおわります!
読んでくださった方、最後までありがとうございました( ; ; )❤︎


ミニたん

メンヘラで悩む君たちへ伝えたいこと

はじめましてこんばんは

ミニたんこと、ミニミです^^
ブログ名やタイトルにある通り、現役プロメンヘラです。

 

メンヘラを拗らせて早四年、、

と言いたいところだけど

思い返せば小学生、、いや、幼稚園生いわゆるJY(女子幼稚園児)のころから垣間見えるメンヘラ気質はあったのかもしれません。笑

 

「こんなにメンヘラだと思わなかった」

「メンヘラと付き合うのもう疲れた」

「お前の彼女メンヘラじゃね?w」

 

こんな感じの酷く冷たい言葉たち。

たくさん聞いてきました。

でも、メンヘラメンヘラって言われる本人が、誰よりも自分がメンヘラであることはわかってて、治したくても治せなくて、なかなか心や感情がコントロールできなくて、悩んでます。ちゃんと知ってます。私もそうだったから。

 

そんなこんなで今に至るまで、好きでメンヘラやってるわけではないけど、嫌でももう何年もメンヘラなわけで、メンヘラとの上手な付き合い方なんかを見つけて上手くやれてるかなって思うんです。

 

だから、私は心理学の専門家でもカウンセラーでもなんでも無いんだけれども、メンヘラ当事者としてたくさん辛い思いもしてきたし、たくさん悩んできたからこそ

自分がメンヘラだって悩むたくさんの人たちにとって、少しでも助けになれたら良いなと思ってこのブログを書くことにしました。

 

素敵な言葉や、勇気の出る言葉は言えないかもしれないけど、たくさん共感して、自分はひとりじゃないし、異常者なんかじゃないって思って欲しいです。

ミニたんが自分自身を大切にするためにも、このブログを通してメンヘラとの上手な付き合い方や、ミニたんの経験談など書いていきたいです。

 

ちょっと辛くなった時なんかに、思い出していただけたら嬉しいです。

ぜひ、いつでも覗きに来てください^^

 

 

ミニたん